山形での太陽光発電は製品選びも慎重に

山形は誰でも知っている通り雪の多い地域です。
雪が多いと太陽光発電は無理なのではないかと思われがちですが、
雪が降っていても明るくさえあれば太陽光発電で発電することができます。
夏の1割から5割の発電量になってしまいますが、
それでも発電がまったくないということは珍しいようです。
ただ、山形でソーラーパネルを設置するのなら、
製品選びには気をつけたいことがあります。
それは、全国標準のソーラーパネルの場合、
雪の重みにでソーラーパネルが折れ曲がることがあることです。
それほど雪が積もらなければいいのですが、
雪が積もりっぱなしになってしまうと発電できないだけでなく、
ソーラーパネルが曲がってしまうということも起きます。
山形で太陽光発電をするなら、
全国平均より強度のあるソーラーパネルを使用した方が良さそうです。
それと水がガラス部分や太陽電池セルに侵入してしまうと、
発電効率が下がってしまうことがあるので、
そのようなことが起こらない堅牢なソーラーパネルを選びたいです。
太陽光発電を利用すれば大幅に光熱費を減らすことができ、
昼間あまった電力を電力会社に売電することもできます。
地震や台風の時でも利用できますから、
非常時の電力を確保することもできます。
このようなメリットがある太陽光発電ですから、
長く利用できるように製品選びは慎重に行いたいと思います。
太陽光発電の平均使用年数は20年と言われています。
それだけ長い年月トラブルなく利用できる製品を選びたいです。