太陽光発電仕組みを知ろう

太陽光発電仕組みの基本は太陽から送られてくる光エネルギーを電気エネルギーに変えることです。
このエネルギー変換を行うために、まず最初に用いられるのが屋根の上に乗っているパネル、太陽発電モジュールです。
太陽発電モジュールで光エネルギーを受け取ることができます。
しかし光エネルギーを受け取っただけではまだ家庭用電気にはなりません。
家庭用電気として用いるためには、次のステップに進まなければなりません。
光エネルギーを受け取った太陽光発電モジュールは直流電気を作ります。
何枚もの太陽光発電モジュールで直流電気が発生するので、それを接続箱で一か所に集めます。
一か所に集められた直流電気を家庭用電気にするには交流の電気に変換しなければなりません。
直流から交流に変える装置がパワーコンディショナーと呼ばれる装置です。
この装置により太陽光モジュールに集められた光エネルギーが家庭用の電気エネルギーへと変換されます。
そして最後に分電盤を通して各部屋に電気が送られていきます。
上記のような全体的な太陽光発電仕組みはそれほど複雑ではありませんが、太陽電池そのもの仕組みは、もう少し複雑になります。
太陽電池と言いますが、実際には太陽光発電モジュールには電池のように電気を貯めることはできません。
太陽光発電モジュールはあくまでも、光エネルギーを集めてそのまま電気に変えるだけです。
光変換機と言っても良いと思います。
では、太陽光発電モジュールで集められた光エネルギーがどのように電気に変わるのかというと、太陽光発電モジュールは半導体でできていて、太陽の光があたると「+」と「-」の電気が発生する性質があるのです。
その発生した「+」と「-」の電気は、+極と-極に分かれていきます。
その結果、乾電池のような状態になるのです。
後は、+極と-極を電線でつなげば、電流が発生するというわけです。
太陽光発電で重要になるのは、光エネルギーを電気エネルギーに変換する際の変換効率です。
変換効率が高いほど、より多くの電気を生み出すことができるからです。