山形市における太陽光発電

近頃、原子力発電所の運転再稼働の是非を巡って、政府と経済界での反応の違いがまたしても浮き彫りになってきています。
政府は国民の声を受けて、原子力発電所をゼロにしていくという表明をしていますが、経済界にとってゆるぎない電力供給は経済活動に不可欠で、そのために原子力発電所が欠かせないという考えです。
それならば、一般家庭における電力の供給量をもう少し減らせないか、というところにメスを入れていくべきかもしれません。
一般家庭における自然エネルギーの取り込みの割合を高くできれば、電力会社からの供給は主に経済活動にまわすことができます。
自然エネルギーの一番手はやはりお日様の力を利用する太陽光発電で、最近はキャンドルや携帯の充電などでソーラーエネルギーを使うアイテムが増えてきています。

それを大規模に行うのが屋根の上に載せて発電するソーラーパネルですが、自然のものだけに安定的な電力確保には至らないのが大きな悩みとされています。
電力会社各社が原子力発電からこうした自然エネルギー主体へと舵を切らないのも、不安定な供給では困るということからです。
たとえば山形で太陽光発電を導入しようと考えたとします。
山形は東北で寒い所ですし、冬場は雪も積もるでしょう。
雪国の日中、たとえ晴れたとしても弱々しい太陽の光で十分な発電量が見込めるのか、設置の前には十分な試算が必要です。
太陽光発電というのは、温度が高くなりすぎると逆に発電しにくくなるそうですが、気温が低い場合はどうなのかということも、あらかじめ考えて情報収集をしておくに越したことはありません。
もしも気温が低くても、太陽がソーラーパネルにさんさんと降り注いでいれば大丈夫となれば、山形においての太陽光発電の導入は可能となるのではないでしょうか。
考えてみればドイツは世界一太陽光発電の導入が進んでいると言われますが、冬は日照時間が短く、しかも長期間使えるのですから、山形市でも大丈夫な気がします。