山形に住む友だちが太陽光発電を購入した

山形県に住んでいるわたしの友だちが、自宅に「太陽光発電のシステム」を導入したのだそうです。
この太陽光発電というのは簡単に説明すると、
太陽のエネルギーを電力に変えるシステムのことです。
よく屋根などに黒っぽいパネルが設置されている家を見かけませんか?
工場などの屋上にも設置されていたりしますね。
あのパネルで太陽の光を受け止めて、そのエネルギーを特殊な機械で電気に変えるのです。
このシステムは太陽の光さえあれば、電力会社に頼らなくても電力をつくることができるという優れたシステムなのです。
エコの点でも優れています。
太陽光発電システムを導入したそのともだちは、
導入後は毎月の電気代がかなり抑えることができるようになったと言っていました。
さらに余った電力は、電力会社に売ることもできるのだそうですよ。
家が大きかったり、家族が多いなどの理由で毎月の電気代がかかってしまうという方は、
このシステムを導入したほうが高熱費の節約にもなるかもしれませんね。
太陽光発電システムは導入するためには、初期費用がそれなりにかかってしまいますが、
長い目で考えるとお得になるような気もします。
それに今なら、自治体からの補助金制度もありますからね。
そうした制度を有効的に活用すれば、導入にかかるコストもいくらか抑えることも可能です。
友だちの話を聞いて以降、わたしもこの太陽光発電システムについていろいろ調べてみて、導入を検討してみようかと思いました。