太陽光発電を導入するなら山形の補助金制度を活用

太陽光発電システムは住宅での自家発電を可能とする人気の省エネ機器です。
住宅に導入したいけれど設置費用がかかるのがちょっと・・・と考えている方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。
実は太陽光発電の導入に関してお得な情報があるのです。
それは市町村が独自に設けている補助金制度を利用することで導入費用を節約できるということです。
山形でも市町村ごとに補助金制度が設定されています。

山形市なら最大出力1キロワットあたり3万円を補助してくれます。
ただし上限は4キロワット(12万円)です。
設置する太陽光発電システムの出力の数値によりますが、補助金があれば設置費用を大きく節約できます。
補助金制度は市が定めている制度ですので、受付は市の環境課が担当しています。
市によっては環境課ではなく他の名称の課が担当している場合もあります。
市町村それぞれに予算枠があるため、太陽光発電の設置を予定しているなら早めに条件などを調べ、設置後は可能な限り早く申請しておきましょう。
太陽光発電を設置する最大のメリットは自家発電による光熱費の節約が可能となることです。
これまでは電力会社に供給してもらうだけだった電力が家庭でもまかなえるようになります。
現在のところ蓄電能力はありませんが、余剰電力は電力会社が買い取ってくれます。
売電することができるというのも太陽光発電の大きな魅力です。
山形で太陽光発電を設置する場合は、お住まいの市町村の補助金制度を一度確認してみましょう。